4DLinkCloud バージョンアップのお知らせと操作についてのお願い – 4DLinkCloud

4DLinkCloud バージョンアップのお知らせと操作についてのお願い

LINEで送る
Pocket

4DLinkCloudをご利用いただきありがとうございます。

この度、2021年6月14日に4DLinkCloudのバージョンアップを実施いたしました。

新しく追加された機能のご紹介と、バージョンアップに伴う操作について、お知らせいたします。

 


<お知らせの内容>

I. 新しく追加された機能

【全ユーザー向け機能】

1. 点群編集

2. ベースマップの変更機能

3. カラライザーでの凡例表示・着色機能の強化

4. クイックガイドの表示

【有償ユーザー向け機能】

5. ラインプロファイラー

6. PLATEAUモデルの表示

 

II.  バージョンアップに伴うお願いと注意事項

【ログイン再実施のお願い】

【操作や処理が画面上に反映されない場合の対処】

【選択されたレイヤーが非表示になっている場合の対処】


 

I. 新しく追加された機能

 

【全てのユーザー向けの追加機能】

1.点群編集

点群データ(.Las, .Laz)の「点」のサイズの変更などができます。

 

2.ベースマップの変更機能

OpenStreetMapをベースマップとして利用できます。

<ご利用手順>

ログインしていただき、画面上部のメニューバーから、❶(画面表示設定)をクリックします。

❷(アドバンス)をクリックし、❸(β)にチェックマークを入れます。

その後、プロジェクトボックスでプロジェクトを表示させ、❹ベースマップをクリックします。

開いたポップアップウインドウ(❺)のところで❻クリックし、OpenStreetMapを選択します。

❼有効化を押すと、ベースマップが切り替わります。

ベースマップを元に戻す場合は、ベースマップ内にあるゴミ箱アイコンをクリックして、閉じてください。

他の提供元ベースマップへの切り替えも可能ですが、各マップサービスのアカウント、各サイトで発行されたトークンなどの入力が必要です。

他のマップサービスのご利用については、各マップサービスをご確認ください。

 

 

3.カラライザーでの凡例表示・着色機能の強化

地形データ(DEM/DSM)や点群データなどのモデルを、高さにより着色した際に、色の凡例を表示できるようになりました。

 

4.クイックガイドの表示

4DLink利用中の画面(アプリ内)で、簡易な操作方法が確認できるクイックガイドが追加されました。

 

【有償プランを利用されているユーザー向けの機能】

5.ラインプロファイラー

追加された3Dモデル(点群データ、DEM/DSM、3Dメッシュモデル)の上で、作成された「ライン」のアノテーションについて、各モデルに応じて、そのラインの断面図(高さ情報)のプロファイルをグラフで表示できます。

 

6.PLATEAUモデルの表示

国土交通省が提供しているPLATEAUのモデルを表示できるようになりました。

データの取り扱いについては、提供元である国土交通省ホームページ 「PLATEAU VIEW App」(https://www.mlit.go.jp/plateau/app/)および、サイトに記載のある作成元の規定に従ってご利用ください。

<ご利用手順>

プロジェクトを開く、または新しくプロジェクトを作成いただきます。

❶画面上部のオレンジ色のアイコン(データの追加)をクリックし、❷4DLinkプロジェクトをクリックします。

開いたページにおいて、❸→❹→❺→❻の順に選択します。

その後、表示したいデータ、ファイルをクリックし、「はい」を選択すると表示できます。

画面が切り替わらない場合は、ブラウザのリフレッシュ、レイヤーに表示されたモデルの名前をクリックしてください。

 

 

------------------

II. バージョンアップに伴うお願いと注意事項

今回のバージョンアップに伴い、各種の利用機能が変わります。

ご利用の前に下記の操作を実施していただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

【ログイン再実施のお願い】

アカウントをすでにお持ちの方で、ログインされたまま利用頂いている場合、下記の操作をお願いいたします。

① ログアウト

② ブラウザのキャッシュの削除(ブラウザを表示させた状態でキーボードの「Ctrl(コントロールキー)」と「F5 (ファンクションキー5)」を同時押しすると簡単にできます。)

③ ログインページ(https://app.4dlink.com/auth)を表示させた状態で、ブラウザをリフレッシュ(丸い矢印、再読み込みをクリック)

④ ログインページ(https://app.4dlink.com/auth)右下、灰色で記載されているバージョンが「V 2.2.3」以降になっているかを確認

⑤ ログインページ(https://app.4dlink.com/auth)からメールアカウントとパスワードを入力しログイン

⑥ 立ち上がったプロジェクト画面の確認

⑦ 変更が反映されていないようであれば、ログイン後の画面で、ブラウザのリフレッシュを再度実行

 

利用毎にログアウトされている方も、上記の②~⑦の操作を実施してください。

 

【操作や処理が画面上に反映されない場合の対処】

ユーザー様の操作が、すぐさま利用中のブラウザ画面上に反映されない場合があります。

これは、新しいバージョンになり、リンクの読み込み機能など様々な処理、表示機能が追加されているためです。

鋭意、改善に取り組んでおりますが、利用中の操作や変更を画面上に反映させるまで、少し時間がかかる場合がございます。

画面表示の切り替え、アップロード・タイル処理した画像の表示、表示しているレイヤーの切り替え、追加機能(プラグイン)のON/OFF操作など、変更が反映されない場合は、ブラウザのリフレッシュ(丸い矢印、再読み込みをクリック)を実施してください。

ブラウザのリフレッシュに少し時間がかかることがありますが、変更が反映された形で画面表示されます。

4DLinkCloudは、ネットワーク環境に依存しておりますので、できるだけインターネット環境の良い場所(有線LANの利用、Wifiが途切れない環境下)で、ご利用頂きますよう、合わせて宜しくお願いします。

 

【選択されたレイヤーが非表示になっている場合の対処】

新しいバージョンでは、レイヤーのチェックボックス(☑)による表示の選択だけでなく、目の形のアイコンをクリックすることで、レイヤーの可視化/非可視化ができるようになっています。

これまで、チェックボックスを選択するごと各レイヤーの読み込み時間が必要でしたが、全てのレイヤーをチェック状態にしておき、この目のアイコンの選択だけで表示を切り替ることで、迅速に表示したいレイヤーを表示できます。

この機能は以前のバージョンになかった切替機能のため、初めて新しいバージョンをご利用される際、プロジェクトの各レイヤーのチェックボックスが入っているのに表示されない、という現象が起きる場合があります。

この対応として、一度、各レイヤーのチェックボックスを外していただき、再度チェックを入れる操作を実施してください。

これで各レイヤーが正常に表示され、目のアイコンによるレイヤーの可視化も有効となります。

------------------

 

以上が、新機能のお知らせと操作に関するお願いになります。

 

今後、Tipsなどのブログにて新しい機能を随時ご紹介していきます。

是非一度さわっていただき、いろいろな機能を体感頂けますと幸いです。

まだご登録、ご利用頂いていない方は、以下の「お申込みフォーム」からご登録の上、お試しください。

 

お申し込みフォーム

 

お待ちしています!!!