トップページ

2D・3D の動的・静的位置情報をデジタル地球儀の上に配置!
“デジタルツインプラットフォーム 4DLinkCloud”

・デジタルツイン構築からコンサル業務まで幅広く利用可能

・無償トライアルから本格導入まで段階的にステップアップ可能

・API 連携機能とユーザー専用検証ツールを提供

・GIS プロフェッショナルによるサポート対応

お知らせ

2020/11/11サービス開始

4DLinkCloudとは

特 徴

Feature

3Dモデルによるデジタルツイン構築から、様々な産業分野のコンサル業務まで幅広い利用を可能にする2つの技術が特徴です。

① デジタル地球儀に、2Dベースマップ、3Dモデル、動的/静的なリアルタイム位置情報を表示可能にするレイヤー構造 ② 国内外の異なる座標表記されているデータを同一レイヤー上に表示

デジタルツインにおける
4DLinkの役割

Role

4DLinkのデジタルツイン構築における役割は、各種入力デバイスから得られたデータより作成・生成された3Dモデルのビュー&コラボレーション環境の提供です。 提供される機能/APIによりデジタルツイン構築の開発工数を大幅に削減します。また、GISプロフェッショナルによる技術支援、ITプロサポートによって開発を支援します。

主な機能

ビュー&コラボレーション

View & Collaboration

ビュー/View
※写真をクリックすると拡大されます

パソコンからタブレット、WindowsからMacOS、iOSなどでの閲覧を可能にするため、WebGL対応ブラウザ(Chrome最新版推奨)による操作・閲覧が可能です。

コラボレーション/Collaboration
※写真をクリックすると拡大されます

4DLinkCloudユーザーだけでなくWebGL対応ブラウザ環境の任意な関係者にも、共有URLの送付により、無制限に共有可能です。

アノテーション

Annotation

ポイント/Point
※写真をクリックすると拡大されます

3Dモデルの気になるポイントに情報を書き込むことができます。

距離/Distance
※写真をクリックすると拡大されます

3Dモデルにラインを描き距離を計算します。

面積/Area
※写真をクリックすると拡大されます

3Dモデルの面積を自動計算します。

体積/Volume
※写真をクリックすると拡大されます

3Dモデルの立体を最適な計算方式で体積を計算します。

5分でわかる4DLink

4DLink プロモーションビデオ(4分15秒)

お客様のニーズに合わせた
プランをご用意


■無償のフリープランはユーザー登録後、システム登録メールの受信、設定で開始可能です。

■フリープランから有償プランへの移行は、いつでも4DLink内で可能です。支払いはクレジットになります。

■ベーシック/アドバンスド/プレミアムの各プランは、年契約で11ケ月分になるお得な請求書による支払いもあります。フリープラン登録後、お問い合わせください。

ユーザー数 プラン内で機能を利用できる人数
外部共有 プロジェクトをURLにより共有できる人数
プロジェクト 工事現場などビュー&コラボレーションできるデータ
容量 プロジェクトに含まれるファイルの総データ容量

利用できる産業分野

  • image01

    建設(建築・土木)3DCAD・BIM・CIMソフトウェアで作成された3Dモデルに正確な位置情報を加え、工事施工の計画・実施に活用できます。

  • image02

    資源開発日々、変化していく状況をUAV(無人航空機)による撮影・測量によって捉え、情報共有することができます。

  • image03

    点検(メンテナンス)構造物の劣化状況把握の点検コストを削減し、効果的な情報をタイムリーに共有することができます。

  • image04

    環境評価UAV(無人航空機)から得られる地形データ、さらに、大気・水質・土壌などの環境モニタリングのためのデータを集積・活用できます。

  • image05

    農業農作物育成分析、鳥獣被害対策などに活用が広がっています。また、情報の集積により投資効果を高める収量や品質向上の取り組みに活用できます。

  • image06

    不動産不動産査定や物件情報提示などに利用でき、物件の周辺環境と合わせた情報集積にも役立ちます。

  • image07

    仮想都市(観光・ゲーム)リアリティのある視覚情報により、仮想体験の分野にも応用可能です。観光やゲームなどの分野にも注目されています。

リアルタイム位置情報の利用

車や人のリアルタイム位置情報を4DLinkのレイヤー構造上に表示し可視化、さらに、分析・データ蓄積などのシステム構築が可能です。様々な企業システムとの連携を可能にするAPIを用意しています。